高音をきれいに歌えるカラオケ上達法? 

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高音を出すため基礎練習2 

2015.07.22.11:40


 今回は、高音を出すため基礎練習2として、リップロールについて説明します。

リップロールというのは、喉周りの筋肉のマッサージをする効果があることもあって、歌う前のウォーミングアップとして行っているプロ歌手も少なくありません。


高音を出すため基礎練習としてよく使われているのですから、単なるマッサージだけでの効果があるわけではありません。喉や口の周辺の筋肉をリラックスさせたまま歌うこともできるようになります。また、息の量をコントロールすることもできるようになります。


つまり、リップロールを練習することによって、筋肉をリラックスさせたり、息をコントロールすることができるようになることで、高音が上手く出るようになるということです。なので、高い音を出すためには、欠かすことができない練習だということです。



 それでは、どのようにするのか説明します。

唇を軽く閉じて少し唇を突き出します。息を出すと唇がプルプルと振動します。これがリップロールです。口周りの筋肉に余計な力が入っていると唇が振動しないので、できるだけリラックスした状態になるように練習しましょう。


また、息の量が多すぎるとできません。できるだけ使う息を少なくするようにしてください。リップロールができない方は、手を使って頬を少し持ち上げたり、唇を湿らせるとやりすいので、やってみてください。


ここまでできたら、次はリップロールをしながら声を出します。
地声の低い声から裏声の高い声まで音程を上げていく練習と、反対に裏声から音程を下げていく練習を交互に、やってみてください。



カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。