高音をきれいに歌えるカラオケ上達法? 高音を出すための基礎練習

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高音を出すための基礎練習

2015.07.10.15:52


 高音を出すためには、どのような練習をすればよいのかについて、具体的な練習方法を説明します。

高音を出すための基礎練習として良く知られているのが、次のようなものです。
リップロール、タングトリル、エッジボイス、小さな声で音程を上下させるなどです。


これらの言葉は専門用語になるので、音楽の練習をしていればよく出てきます。しっかりと覚えてくださいね。


どの練習法も小さな声でできるので、家の中でも簡単にできるし、周りに迷惑をかけることもありません。なので、しっかりと練習することができるはずです。



 どの練習法も、あまり喉に負担を与えるようなものではないので、もし練習している時に喉に痛みや違和感を感じた場合は、すぐに練習を止めてください。


練習の仕方が間違っているか、あるいは張り切り過ぎて、練習しすぎの可能性があります。しばらく中止して様子を見ましょう。


 リップロールとタングトリルは、少し難しいところがあるせいか、習得できない人や時間がかかる人が少なくありません。上手く行かない場合には、どちらも効果はかなり似ているので、どちらかできる方だけ練習しても構わないと思います。無理せずできることから習得していきましょう。


スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。