高音をきれいに歌えるカラオケ上達法? 腹式呼吸の練習の成果

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹式呼吸の練習の成果

2015.04.22.17:22


 腹式呼吸の練習を続けていくと、次のような効果を実感できるようになります。

1. 息を最後まで使える

 腹式呼吸を身につけると、息を最後まで吐ききる事ができるようになるので、長いフレーズを息継ぎせずに歌うことができるようになります。



2. ロングトーンが安定する

 腹式呼吸を身につけると、息を一定のリズムで吐けるようになるので、ロングトーンが安定します。



3. 大きな声を出せる

 腹式呼吸を身につけると、息を強く吐くことができるようになるので、大きな声を出せるようになります。



4. 地声高音域を楽に出せるようになる

 腹式呼吸を身につけると、高い音でも無理なく出せるようになります。

高い音を出そうと思えば、重い物を持ち上げる時のように、筋肉を使わなければなりません。そういう時も、お腹が支えてくれるので、喉に力があふれるように、楽に高い音が出せるようになります。



5. 抑揚を付けやすくなる

 腹式呼吸を身につけると、大きな声でも小さな声でも楽に出せるので、抑揚が付けやすくなります。 それによって、大きな声と小さな声との声量の差が大きくなります。そのため、聞いている方は、ダイナミックに感じてくれるようになります。つまり、ダイナミックなボーカルになれるのです。



 このように腹式呼吸を身につける事で、いろんな利点が出てきます。良い事ばかりで、悪いことは全くないのです。これまで、腹式呼吸をしたことがなく、呼吸が浅い方は、腹式呼吸をマスターすると、歌が驚くほど変わったことに気付くはずです。



スポンサーサイト

comment

Secret

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。