高音をきれいに歌えるカラオケ上達法? お尻に力を入れるには

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お尻に力を入れるには

2015.03.09.14:38


 広瀬香美氏が力説している「お尻の穴をキュッと締めて」歌うと言っても、具体的にどのようにすればよいのか分からないと思います。そこで、もう少し強力に、しかも確実にお尻に力を入れる方法を説明してくれていますので紹介します。


1.まず、両足の踵をつけて、真っ直ぐ立ちます。

この時、背筋をピーンと伸ばして、良い姿勢をとることが大事だそうです。

自信がない方は、壁を背にして立ち、踵を壁につけて、さらに背中全体、首と後頭部が壁につくように立つと言いそうです。O脚気味の人は、両膝をくっつけるつもりで寄せなければならないそうです。


2.その状態から、踵を支点として、足の爪先を90度から120度くらいまで開きます。

実際にやってみると、お尻が締まるような感じになっているのが分かるはずです。

「力が入りすぎる」場合があるので、そういう時は、お尻に力を入れたまま膝を軽く曲げ伸ばしして、膝をリラックスさせる方がいいそうです。

そして、骨盤の角度が変わっているのがわかります。

骨盤が前に傾くと、姿勢が一見良く見えるのですが、声にはマイナス効果が出てくるそうです。しかし、この動作をすると、骨盤の前傾も治り、良い声が出るんだそうです。



 「お尻の穴を、キュッと!締めて」声を出す感覚をマスターしてくださいね。
そうすれば、本当に声にハリが出てくるようです。音域や音量も広がるんだそうです。
騙されたと思って、トライしてみてください。



スポンサーサイト

comment

Secret

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。