高音をきれいに歌えるカラオケ上達法? カラオケで歌うための基礎知識

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高音を出すための基礎練習

2015.07.10.15:52


 高音を出すためには、どのような練習をすればよいのかについて、具体的な練習方法を説明します。

高音を出すための基礎練習として良く知られているのが、次のようなものです。
リップロール、タングトリル、エッジボイス、小さな声で音程を上下させるなどです。


これらの言葉は専門用語になるので、音楽の練習をしていればよく出てきます。しっかりと覚えてくださいね。


どの練習法も小さな声でできるので、家の中でも簡単にできるし、周りに迷惑をかけることもありません。なので、しっかりと練習することができるはずです。



 どの練習法も、あまり喉に負担を与えるようなものではないので、もし練習している時に喉に痛みや違和感を感じた場合は、すぐに練習を止めてください。


練習の仕方が間違っているか、あるいは張り切り過ぎて、練習しすぎの可能性があります。しばらく中止して様子を見ましょう。


 リップロールとタングトリルは、少し難しいところがあるせいか、習得できない人や時間がかかる人が少なくありません。上手く行かない場合には、どちらも効果はかなり似ているので、どちらかできる方だけ練習しても構わないと思います。無理せずできることから習得していきましょう。


スポンサーサイト

男性と女性の違い

2015.06.19.13:55


 今回は、男性と女性の間での声の違いについて考えてみます。

 地声と裏声との違いは、男性と女性とでは、かなり違います。もうすでに何が言いたいのか、お分かりになった方もいるのではないでしょうか。


高音を上手く歌うためには、裏声を上手に使わなければならないことを説明しました。地声に近い裏声を出して、地声から裏声に切り替えたことが分からないように歌うことができれば、高温でも上手に歌えることになるのです。


ここで、地声と裏声の違いについて、男性と女性とでは、どのように違うのかを考えてみましょう。男性の場合、地声と裏声が大きく違う人が多いのです。しかし、女性は電話をかける時などよそ行きの声を出す時に裏声を使う人も多く、裏声を出すことに抵抗がなく、慣れている人が少なくないのです。


その点、男性は裏声を出すことが少なく、その差が大きいのです。そのため、歌を歌う時に仮に裏声を使ったとしても、地声とかけ離れた声になってしまうので、この差を埋める練習をしなければなりません。そういうこともあって、男性が裏声を使って上手に歌えるようになるには、女性と比べると、とても時間がかかるのです。


逆に言うと、これを克服することができれば、高音を上手く歌える上手な歌い手に慣れるのです。あなたの評価も一気に上がるかもしれませんね。



 女性の場合は、普段から裏声を出すことに慣れている方が多いので、しっかり練習すれば、比較的に短い時間で、高い音を上手に歌えるようになるのです。



地声と裏声

2015.05.19.15:16


 歌うための基本である声について考えてみます。

声には、地声と裏声があります。
地声というのは、普段誰かと会話する時などに使っている声です。どちらかというと低めの声です。そして、地声を徐々に高くしていきます。高い声を出していくと、地声では出なくなってしまいます。


そして、さらに高い声を出そうと思うと、嫌でも声がひっくり返ってしまいます。その後で出来るのが裏声です。地声から裏声にひっくり返るところを、「喚声点」あるいはブレイクポイントと言うようです。



 どのくらいのところでブレイクポイントになるのか、そしてブレイクポイントを超えて裏声でどのくらいの音まで出せるのかは、個人によって違います。普通の人で1.5~2オクターブ出ると言われています。


プロの音楽家だと2~2.5オクターブくらい出るようです。しかし、裏声が得意なプロの声楽家だと3~4オクターブも出せるそうです。どの程度だせるのか試してみてください。思っていたようには出ないと思いますよ。



 ブレイクポイントが分からないように声を出すことができるようになれば、声域が広がるので、カラオケだけでなく歌う人にとって、とても効果があります。地声と裏声の境目が分からなくなるので、地声と裏声を一本化する事ができるのです。


高音が出ない人は、ブレイクポイントが目だたないようにするためのボイストレーニングをするといいでしょう。


カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。